トイレトレーニングをはじめるよ!2歳3ヶ月

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

※トイレトレーニングとは…おむつを常時使用する状態から、自分の意思で一般のトイレで排泄できるようにする為のトレーニングのこと。

 

先日、保育園でお昼寝の後にオムツに出ていなかった時、先生がトイレに誘ってくれたそうで。

 

 

たまたまタイミングが合い、トイレでおしっこ【初】成功したみたいです。花マル〜!

 

 

 

そしてその日から、家でも朝起きた後や昼寝の後に誘ってみると、成功が続いています。

 

 

トイレに連れて行く時は『ナイヨイヤヨデンヨ』言ってますが・・・・・

 

 

 

座らせてしばらくすると大きな静寂が。

 

 

 

 

キキがデッキブラシで飛び立つ時の『気』を入れるシーンと近いものを感じます。。。

 

 

 

そして、無事、放尿(っていうの?この場合)

 

 

 

おしっこが『出る』感覚は掴めてるようで、誇らしげなお顔。

 

 

 

 

その後、子ども番組でよく見る、レバーをひねって「おしっこバイバーイ」と言っています。

微笑ましいけど、水洗トイレの目に見えない飛沫が気になるのは私だけでしょうか…(←部屋は汚いくせに潔癖思想)

 

 

初めてのトイレトレーニングは、1歳半の時におまるを購入して座らせてみた事ですが(本気ではなかったけど物は試しで・・・という感じで)、今思うと全然早かったな〜と。

購入して数回座ったものの、埃をかぶって眠っています。保育士時代、おまるを使用していたのでおまるを買いましたが、今思うと補助便座だけでも良かったかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビーレーベル 補助便座 レーベルイエロー
価格:1780円(税込、送料別) (2018/6/26時点)

 

↑こういうやつ。

 

第一子はなんとなくいろいろ試してみたくなりますが、まずは子どものペースを見極めてからでも遅くないですね。ちなみに、わたし的トイレトレーニングの流れ。

(1歳半ではまだまだ①の段階になっていなかった…)

先生とも話しましたが、この夏に布パンツを導入しましょうね〜と。「漏らした!気持ち悪い!」経験をして、漏れる前に申告できるように促していきます。

 

上記↑↑↑経験として、流れ(話)はわかるんですが・・・・・

 

これは保育園の協力がないとめーーーーーっっっっちゃくちゃ大変だな。と。

 

 

子どもを産んでみて改めて痛感しています。

 

 

 

ワンオペ育児の多い昨今、部屋ではもちろん漏らして欲しくないし、1度漏れる経験をすると「何が何でもオムツがいい!」と後戻りする子もいるでしょう・・・。そもそもずっと母子だけの間柄なら、トイレに興味をもつ機会も少ないかもしれません。

 

トイレトレーニングが進まないのは保護者の怠慢かしらねぇ、なんて知ったかぶった事を1ミリでも思っていた過去の自分をぶん殴りたいですね。

 

 

 

 

そういう私自身は、1歳8ヶ月でオムツが外れていた(神童かよ)らしいのですが、母曰く「あんたはほんっとおしっこの間隔が長かったんよ〜」だそうです。

 

そしてそれは今も。
朝行ったら夕方まで行かない事もあります。(ちなみに婚活時代はトイレが遠い事をセールスポイントにしていた。アウトドアとか連れていき放題!誰もなびかなかったけど)

 

やっぱり生まれ持った体の性質は大きいですね。

 

 

あと、第3子だったので、兄姉への憧れもあったでしょう。

 

 

なにより(親がケチで)布おむつを着用していたので「濡れた!不快だわ〜」の感覚が発達するのが早かったのかもしれません。

 

 

今はめちゃくちゃ高性能の紙おむつがあるし、一昔前とはいろいろ事情が違うんですよねぇ。そして家庭の事情もそれぞれ。

トイレトレーニングについて、いちゃもんをつけてくる外部の人がいたら、

 

生きてる時代が違うんだ!

 

と、生き証人たちの語りを聞き流しましょう。

 

 

 

 

とはいえ、うちの父ヒロシの横ヤリだけは許せない私ですがね(怒)

 

お前にもオムツ履かせたろか!!!!!!!!時間の問題だけどな!!!!!!!

 

 

 

 

 

目の前の我が子のペース・客観的な協力者・追い詰められない心の余裕。

大事にしていきたいです・・・・・

 

 

とはいいつつも。やはりスムーズにトレーニングが進むよう、願う母なのでした。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
広告




広告




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です