久しぶりに、夫の話〜我が家の萬平さん〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

我が家の萬平さんこと、うちの夫の話でも久しぶりに。

(※萬平さんとは、今やってる朝の連ドラ「まんぷく」の主人公。涙なしには見れないわぁ…夫を全力で支える福ちゃんを尊敬。私は保守派なお母さんに感情移入しまくり。私はヒロシの娘です…)

 

近しい人はご存知であろうが、はちみつキャンディー屋(仮)こと我が夫が、またまた新たな事業を始めた。

 

次はアカデミー事業である。がっこうだ。

 

 

 

 

0から作ったはちみつキャンディー屋の仕組み、マーケティング、ブランディングについて教えるのだ。

 

 

昨年末、着想からあっという間に告知を始め、12月から実施をはじめた。(その後継続的に開催)

 

 

 

何にしても、着想してから早い、早すぎる。

 

 

 

石橋が割れるまで辛抱強く叩き続ける私とは真反対である。そこに、石橋があるかないかは関係ないのだ、彼には。

 

 

今までも様々な場所を石橋ぬきで飛んで来た。

表面化する情報だけ追えばそれはそれは勢いがよく、周囲からは「たえちゃんの旦那さんすごい成功してるね!」というようなことを耳にタコができるほど言われて来たけれど、家人の私から見ると「成功って何?」状態である。今日もまた豚こましか買えない。

 

 

とはいえそんな私が、彼を見て、自信をもって言えることは、

 

 

彼ほど失敗をした人を知らない、と言う事だ。

 

 

 

石橋がない崖から飛び、だいたい向こう岸に渡れず垂直落下するのだが、「あ!ここ飛んでも死ななかった!」という大いなる収穫を得て帰ってくる。

 

 

 

「あと●せんち助走つけたらいけるかも!」

「ここの谷は水が流れてるから違うところにする!」

「この怪我はこの薬草で治る!」

「橋にする丸太を探してくる!」

「見つけた丸太でキノコを栽培するね!」

「そのキノコを売ってみよう!」

「売れたお金で岸の埋め立て工事すればいいじゃない!」

 

 

などなどなど・・・・

 

 

常に挑戦をし、失敗をしている。
そしてそこから学習をし、次の挑戦をしている。

 

 

 

妻として、それを注意深く観察しようものならば、その無計画(に見える)さに憤り、結果に心を乱され、次の挑戦へ口の1つや2つ、あるいは2000個くらいは出したくなる。

 

 

しかしそれをしたところで、私が「成功する方法」を知っているわけではない。

 

 

うちに限ったことではない。誰ひとり、誰かの(自分のすら)成功の方法を知っているわけではない。

 

 

 

 

結局は、やった人のやった事が全てで、やらないとゼロ。人への口出しは超簡単。

 

 

 

という事なんだと思う。

 

 

 

「ちょ、もうちょい期間を設けてさ、考えてみれば?」と言うと「考えてる間にやってみた方が結果が分かるじゃん」と言う。

 

なかなか踏み出せず、ねちねちしている私としては、なるほどそうねと刺激になる時も、大いにある。

 

が、生傷の絶えない夫を見ると、やはり心配は尽きない。しかしあまり考えないようにする。私は私のやるべき事に集中するのが最善だなぁ。

 

 

それを思うと、萬平さんの奥さんふくちゃんは本当にすごいねぇ・・・あれこそ内助の功(T_T)

 

 

 

 

 

ということで、私の三国一の花嫁の修行はまだまだ続く。え?三国一って修行だったの?

※何度も言いますがはちみつキャンディー屋さんは仮称で実在しません。夫の成り立ちはこちらを参照。そして今までの奮闘ぶりはこちらを参照

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
広告




広告




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です